犬の保険に入るなら条件を確認しておく

人間のように年齢による制限があるのか

病気になりやすい年齢としては高齢かどうかがあるでしょう。若い時には病気などが体内で発生しても自己免疫力などで病気をやっつけてくれます。しかし高齢になってくると徐々に免疫力が落ちてくるので病気になりやすく、体力も無くなりやすくなります。人間だけでなく他の動物でも同様のことがいえ、犬も高齢になればなるほど病気になりやすくなるでしょう。病気になると医療機関を利用する必要がありその時はお金が非常にかかります。それに備えるためには保険に加入するのがいいですが、加入条件として年齢が関係してくることが多いので注意が必要です。まず初めて加入する時には何歳までと決められることが多いです。ですからできるだけ若いうちに加入するようにしましょう。一方更新に関しては高齢でも可能なケースもあります。

病歴や現在病気があるときは加入できるか

保険は万が一に備えることができるので便利ですが、万が一が起きなければ無駄な支払いをするだけになります。必要性を十分考えて加入しないといけないでしょう。ペットとして犬を飼うときは色々なお金がかかり、食事代や予防接種などの費用は定期的にかかります。さらに病気やけがをすると医療機関を利用しますが、この時にかかる治療費が人間よりもかかることがありびっくりするかもしれません。また人間のように健保がないので、請求された金額をそのまま支払う必要があります。ペットには健保はないものの損保会社などから一定の給付が受けられる商品がありそちらを利用すると高額支払い時に助かるかもしれません。条件として病気やケガがあるときに利用できるかですが、症状により加入自体は可能なケースもあります。ただ給付は加入後の治療分からになります。

マイクロチップの有無によって変わるのか

人が生まれると出生届が出され、親の戸籍に入って死ぬまで管理がされます。ではペットはどうかですが、現在のところは一定のペットはきちんと登録されてその時にマイクロチップが体内に埋め込まれます。一方捨て猫などを飼っている人などは特に登録などをしていないためマイクロチップがないケースもあります。犬が保険に加入するに当たってマイクロチップの有無が条件になるかどうかを知っておくと良いでしょう。マイクロチップがあると個体管理などがしやすいので動物病院としても治療がしやすくなります。そこでマイクロチップがあるときに優遇してもらえるケースはあるようです。マイクロチップがないからと言って加入できないケースは少ないですが、優遇を受けたいならつけてから加入した方が良いかもしれません。